福井県醤油味噌工業協同組合




JASマーク 主な規格・基準
しょうゆには、農林水産省で定めた、しょうゆの日本農林規格(JAS)があります。この規格に基づいて、認定の技術的基準を満たしていると認められた工場が、認定工場としての自己責任に基づき自主的に検査をして格付を実施しています。認定工場が認定の技術的基準を維持しているか否かを、日本醤油技術センターが毎年定期的に調査して確認しています。JASマークはしょうゆの品質を保証したマークなのです。

しょうゆの日本農林規格(JAS)では、「種類」について、こいくちしょうゆ、うすくちしょうゆ、たまりしょうゆ、さいしこみしょうゆ、しろしょうゆに分けています。
「醸造方式」は本醸造方式、混合醸造方式、混合方式などに区分し、等級(特級・上級・標準)ごとに性状、色度、全窒素分、無塩可溶性固形分、などの基準が設けられています。




Copyright(c) 2004 Fukui Soysauce Miso Industrial association.Allrights reserved.