福井県醤油味噌工業協同組合


みその歴史

日本の文献に「みそ」が最初に登場するのは奈良時代。中国大陸から伝わったもので、「醤(ひしお)」、「未醤(みしょう)」と呼ばれていました。そのころは寺院や貴族だけが口にできる贅沢な食べ物で、製法も食べ方も現在と比べ多少異なります。その後日本の風土にあった発展を遂げ、戦国時代を迎えるころには現在の「みそ」となっていたようです。当時の武将はその優れた栄養価と保存法に着目し、武士に携行させたといわれ、これを機会に広く庶民の間に普及していったのです。
           (みそ健康づくり委員会 文献より)



Copyright(c) 2004 Fukui Soysauce Miso Industrial association.Allrights reserved.