福井県醤油味噌工業協同組合


 
コレステロールを低下
させ動脈硬化を予防
胃潰瘍の防止効果 老化の防止

みその主原料である大豆に含まれているタンパク質食物繊維、レシチン、サポニンは体内のコレステロールを低下させ、血管の弾力性を保持し、動脈硬化を防ぐ働きがあり、脳梗塞や心筋梗塞、血栓症などを予防する効果があります。

味噌汁を毎日飲んでいる人は、飲んでいない人に比べて、胃潰瘍の出現率が少ないという調査結果があります。みその麹や酵母、乳酸菌に含まれる酵素には消化を助ける働きがあります。
みその効用


老化というのは全身の組織、機能が衰えることです。生体内に過酸化脂質と呼ばれる物質が増えると老化が促進されますが、みそには抗酸化作用があり体内の脂質の酸化を防ぎます。みそのような抗酸化物質を含む食品をとることが老化の防止につながります。

ガン予防 消臭効果 美肌効果

1981年国立ガンセンターによる調査で、毎日みそ汁を飲んでいると胃がんになる確率が低くなることが分かりました。大豆に含まれる有効成分が胃ガンだけでなく肝臓ガンなどすべてのガンの予防に効果があります。

みそには肉や魚の臭みを消す働きがあります。上手に臭みを消して同時に旨みのエッセンスを引き出してくれます。




メラニンは皮膚や毛質の色を決める物質です。みそに含まれる遊離リノール酸にシミやソバカスの原因であるメラニン合成を抑制する作用があります。





Copyright(c) 2004 Fukui Soysauce Miso Industrial association.Allrights reserved.