福井県醤油味噌工業協同組合


米こうじが命の昔懐かしい田舎味噌
福井の味噌は、一般にこうじ味噌と言われ、米こうじがたっぷりの 味噌が特徴で、京都に近いことから京都の影響を受けた多少甘めの 赤味噌が特徴とも言えます。



地域のニーズに密着した商品提供
一般に大手流通で出まわっている味噌が、塩分や全糖に幅が無く 平均化しているのに対して、福井県の味噌は、全糖は13〜31% (つまり麹歩合5〜20と幅の広い原料配合を行っている)、 塩分も、9.7〜14.0%と幅が広くなっています。 この地域的な特徴を挙げるならば、 ・山間部は全糖が少なく、塩分の高いことなどから、赤色系の長期熟成型 ・嶺南は全糖が多く、淡色系の傾向(京都の白味噌の影響もあります) このような分類が出来ます。 つまり、福井の味噌は各地域のお客様のニーズにきめ細かく対応 していることがうかがえます。






Copyright(c) 2004 Fukui Soysauce Miso Industrial association.Allrights reserved.