福井県醤油味噌工業協同組合


昭和28年暮れに福井県みそ工業協同組合設立後まもなく、技術の向上また業界の親睦と結束を図ることを第一の目的として結成いたしました。結束と友情を深めながらみそ業界の安定や技術の向上に日々努力しています。
            会員数 ― 12名   会長 ― 多田和博

 
東北宮城岩手研修旅行開催


9月4日(金)〜6日(日)宮城・岩手研修旅行に行ってまいりました。(参加者10名)

仙台空港到着後すぐに、東日本大震災の被害の大きかった荒浜地区に向い、ガイドさんより当時の様子の話をしていただき、慰霊碑に手を合わせ黙祷をささげて参りました。
今はがれきはなく、家の基礎の部分だけが残る広い空き地になっていますが、掲示してある写真をみると、震災前にはたくさんの住宅があり、地区ごと流されてしまった惨い様子が伺え、自然の恐怖を改めて感じました。

昼食の後、研修の目的である「仙台みそわさび沢工場」を見学いたしました。
松山町山葵沢の静かな山間に工場があり、清潔・安全・整理整頓が大変行き届いており、圧倒されることばかりでした。生産規模、機械設備はこちらと随分違うものの、いろいろ参考になることがありました。
お忙しい中、社長様をはじめ、工場長様、従業員の方々には快く迎え入れて下さり、感謝申し上げます。ありがとうございました。 

2日目は中尊寺、毛越寺、酒造蔵見学、3日目は青葉城、松島湾クルージング、瑞巌寺を見学。

雨予報、雨男がいるにもかかわらず、バスから降りると雨が止むという幸運続きで、有意義な研修となりました。



 
みそ品評会及び総会(新年会)を実施

24年度の総会を3月3日(日)芦原の宿「八木」にて開催いたしました。

今回は総会の前に、県内産のみその品評会を行いました。
11月に行われた全国味噌鑑評会の評価のめやすを参考にしながら、県産みそと全国鑑評会入賞みその色、香り、味、組成を評価いたしました。

その後、研究会の総会となり収支報告、次年度の事業計画等を協議いたしました。

夕刻より新年懇親会となり、終始賑やかに盛り上がりました。

   



23年度研修旅行(長野・軽井沢)

9月10日(土)〜11日(日) 4年ぶりの研修旅行(長野・軽井沢方面)を実施いたしました。
研究会会員と醤油製造業の組合員と事務局合わせて計16名にて行って参りました。

1日目は善光寺参拝のあと、近くにあります「酢屋亀本店」様を見学いたしました。社長様のご案内により売店、工場、蔵を見せていただきながら、丁寧でかつ細やかな説明をしていただきました。

その後戸倉上山田温泉で疲れを癒し、2日目は軽井沢へ移動し、銀座通り近くにある味噌販売店を見学し、その後プリンスショッピングプラザで買物するコース、軽井沢の街並みを散策するコース等に分かれ、午後より長い長い道のりの帰路につきました。
 
   
 
  





21年度 みそ研究会総会(新年会)を実施

2月14日(日)芦原温泉まつや千千にて、21年度のみそ研究会総会及び新年会を開催しました。

総会の前に、「米トレーサビリティ制度について」 農林水産省北陸農政局 福井農政事務所の竹内様、坪井様より説明をいただきました。この制度に関しては、”みそ”は対象外となっていますが、”米こうじ”として販売する場合に対象となるので、業者間取引等の記録の保存、店頭販売での産地情報の掲示などについて、詳しく説明をしていただきました。

その後、21年度研究会の総会に入り、組合の現況、みそ業界の現況、原料米について、PR事業、研修旅行等について報告また協議をいたしました。

6時より野村理事長、取引先の伊藤鉄商店の里見様、丸七商事の村田様をお迎えして新年会を開催しました。終始にぎやかに懇親を深めました。

  





みそ技術講習会及びみそ研究会総会(新年会)を実施

3月11日(水)県食品加工研究所にて、(社)中央味噌研究所の藤波先生をお迎えして、みその技術講習会を開催しました。今年度の全国味噌鑑評会の出品みそ、また受賞品、そして地元企業のみそ合わせて70点近くを並べて品評会を行いました。みそ専業者だけでなく、醤油専業者の方々にも参加していただき、各々熱心に”ききみ”をしていました。”ききみ”の後、藤波先生よりそれぞれのみその評価をお聞きし、その後表示や技術的問題について講義をしていただきました。

技術講習会の終了後、会場を芦原温泉八木に移し、20年度みそ研究会の総会及び新年会を開催。研究会の収支報告のあと、藤波先生の乾杯で新年会に入り、終始にぎやかに懇親を深めました。
    

    




「ネクストフーズいしかわ2007」開催

食の大博覧会”第3回食と未来と文化の祭典”「ネクストフーズいしかわ2007」が、10月12日(金)〜14日(日)の3日間にわたって石川県産業展示館3号館にて開催されました。
みそ健康づくり委員会のご協力を得て、北陸三県のみそ製造業者が一堂に会して、みその展示や味噌汁振舞い等を行いました。
最終日の14日(日)には、味噌汁振舞いを福井県が担当し、特産物の上庄のさといもの入ったおいしい味噌汁を提供いたしました。

  




北海道大豆圃場研修旅行

毎年行っている研修旅行は、6月23日(土)〜25日(月)にかけて、北海道の大豆選別工場と大豆圃場の見学をしました。総勢13名で参加。
福井から羽田、そして旭川空港へと降り立ち、旭川にある大豆選別工場の株式会社藤井様と、広大な大豆圃場を見学しました。

  
株式会社 藤井 様

  
広大な農場での苦労話などお聞きしました。




新年会(総会)実施

2月18日(日)芦原温泉 グランディア芳泉において、新年会(平成18年度総会)を開催しました。
来賓に野村理事長をお迎えし、会員11名の出席で、3時より総会、6時より懇親会となりました。

総会議題は下記の通り

A. 組合の現況並びに原料斡旋と収支報告について
  @ 組合運営の合理化と事業内容の見直し(継続)について
  A 組合法改正に伴う定款変更と諸規定の対応について
  B みその出荷数量(前年対比4〜11月)
  C 味噌製造業における損益分岐点分析

B. 原料米及び原料市況について
  平成19米穀年度の申請数量の不足分は全量確保できる。

C. みその表示に関する公正競争規約の実施状況と消費者対応について
   各種用語・事項使用届について
   表示の見直しを入念にし、適正表示を心がける

D. 平成19年度全国味噌技術会への継続加入について
   年会費を研究会で負担から、個人負担に切り替える

E. みそ研究会の収支報告について

F. 今後の事業計画(案)について
   研修旅行、技術セミナー、マイバッグの共同制作、ネクストフーズいしかわ2007開催

G. その他



みそ技能検定試験実施

約20年ほど前に福井県でみそ技能検定試験を実施して以来、当地では行われていなかったが、今回若手後継者からの強い要望があり、県内での実施が実現となりました。2月9日(日)中小企業産業大学校で学科試験、2月13日(木)醤油味噌会館2階会議室で実技試験を行いました。
 



Copyright(c) 2004 Fukui Soysauce Miso Industrial association.Allrights reserved.